Please select a language.

第24回
・石森章太郎「星の子チョビン」
・燐光怪獣グラナダス登場

2021-08-18

燐光怪獣グラナダス登場


東風力研究所だより(その24)

■「星の子チョビン
星の子チョビン組写真
星の子チョビン組写真

 今日は、1974年4月から9月にかけてTBS系列で放送されていたアニメ「星の子チョビン」を紹介する。
 どういった話ですか?
 主人公は、フェアリスターの王子チョビンで、顔に手足がくっついている奇妙な風体だが、状態としては繭(まゆ)らしく、大人になると背中に羽根が生えた人間の姿になるらしい。ある日、悪党ブルンガの一味にフェアリスターは攻撃され、勇敢に戦った国王パパ上は戦死する。チョビンは王妃のママ上と共にロケットで脱出するが、ブルンガの追跡艇に攻撃され、脱出カプセルは地球にばらばらに降下、二人は離れ離れになってしまう。チョビンは日本のトンカラ森に不時着し、天川博士と孫娘のルリが暮らす家に転がり込む。チョビンが腕にはめている星のしずくを狙って、ブルンガは怪獣やロボットを次々にトンカラ森に送り込むが、チョビンは森の動物たちと協力し、これをやっつけていく。ついには宿敵ブルンガを倒し、捕われていたママ上と再会し、フェアリスターに帰っていく、とまあ、こういった話だ。
 言葉を話す動物たちが住む森が舞台なので、女の子向きの様ではありますが。
 確かに石森章太郎(後の石ノ森章太郎)が「週刊少女フレンド」にマンガを連載していたのだが、ジャンル分けが難しい作品だ。登場するメカや怪獣は、石森氏による他のSF作品に引けを取らないデザインのものが多いし。女の子も観られるヒーロー・怪獣モノとでも言うか。
 評判はどうだったんですか?
 結構、男児にも人気があったぞ。「チョビン」は19:30開始だが、19:00からの枠は前週まで「ウルトラマンレオ」が放送されており、怪獣つながりというところもあるしな。それより何より、藍美代子の主題歌だよ。本当に歌が上手くて、惚れ惚れする。現在でも入手可能なCD「懐かしのテレビまんが主題歌大全集 アニメ編」(バップ)にオリジナルが2曲収録されている。ぜひ、お聞きください。
 声優さんも、大御所揃いですね。
 みんな、上手だよな。チョビンの白石冬美、ルリの岡本茉利なんか、代わりが務まりそうな声優さんがちょっと思い当たらないほどだ。他にも八木光生富田耕生山田康夫永井一郎はじめベテラン勢が脇を固めているし、観ていて安心感がある。
 当時、大人気だった天地真理さんも、オープニングと次回予告のナレーションを担当してますね。
 天地真理の登場部分は再放送では全てカットされていたのだが、現在ではDVDなどで観ることができる。しかし、現在、入手可能な唯一の映像媒体であるDVD「想い出のアニメライブラリー 第5集 星の子チョビン」は何じゃ、ありゃ。
 どうかしましたか?
 次回予告が収録されていないんだよ、次回予告が。提供を示すオープニングなんかもカットされてるし。最近、本編にあまり関係ない部分(「ミラーマン」の怪獣オープニングなど)は、フィルムが現存しないとかいう理由で簡単に収録をあきらめるケースが見られるが、地方局にでも行って探してきなさいよと言いたい。海外と違ってDVDやBDは法外な価格設定しているんだから。やっつけ仕事しかできないなら、昔の作品を取り扱ってほしくないと思う。
※組み写真は全て、40年ほど前に再放送のTV画面をカメラで撮影したものです。色調は悪いですが、自身の思い出として掲載しています。ご容赦ください。

第1話ぼくは王子だぞ!」(TV録画より)

オープニングとエンディング(記載なきものは全てTV録画より)
※提供オープニングはネットからの拾い画像、天地真理オープニングのみDVD「想い出のアニメライブラリー 第5集 星の子チョビン」(発売元:株式会社ベストフィールド、販売協力:TCエンタテインメント株式会社)より

「星の子チョビン」関連資料
1)「EXTRAロマンアルバム 石森章太郎アニメ・ワールド」(徳間書店

「EXTRAロマンアルバム 石森章太郎アニメ・ワールド」(徳間書店)

 石森章太郎漫画家生活25周年記念で発刊された(1981年)。「チョビン」については、カラー4頁、2色刷り2頁、白黒延べ11頁を使い、最終回のレビューや設定資料などを掲載している。

2)パワァコミックス「秘密戦隊ゴレンジャー⑤」(石森章太郎双葉社) 

パワァコミックス「秘密戦隊ゴレンジャー⑤」(石森章太郎、双葉社) 

 「週刊少女フレンド」に連載された全14話が、なぜか「ゴレンジャー」単行本の最終巻(1978年発刊)に収録されている。「チョビン」の原作は、次に紹介するDVDの付録小冊子でも読むことができるが、こちらは全部で4話しか扱っていない。

3)「想い出のアニメライブラリー 第5集 星の子チョビン
(発売元:株式会社ベストフィールド、販売協力:TCエンタテインメント株式会社

「想い出のアニメライブラリー 第5集 星の子チョビン」

 2012年発売。現在、「チョビン」が観られる唯一の映像媒体。次回予告などが収録されていないことは既に述べたが、特典映像なども一切なく、厳しい評価にせざるを得ない。LD-BOX(キティ・フィルム、1994年)では可能な限りの映像が収録されていたそうなので、余計に残念である。定価も24,200円(税込)と財布に優しくない。



祝!帰ってきたウルトラマン放送50周年 勝手に記念 ソフビ電動化計画
(No.18 燐光怪獣グラナダス)

ソフビ電動化計画 燐光怪獣グラナダス
2013年完成

 残すところ、あと2体となりました。今回は、岸田隊員ケンタウルス星人・茜との悲恋を描いた第44話「星空に愛をこめて」に登場する燐光怪獣「グラナダス」です。ウルトラマンでも倒せなかった強い怪獣で、人魂の様に不気味に光る眼玉が特徴です。電動化の素材には、マーミットのソフビ「グラナダス・クリア」を使用しました。
 改造のポイントは3点ありました。まず、完全に透明なボディとすることを考えました。そのため、内部駆動部にできるだけ無色の材料を使用するよう心掛けましたが、完成後に何となく物足りなくなって、全体をクリア系塗料で塗装してしまいました。次に、目玉を青色LEDでビカビカ光らせるようにしました。今回、メイン・エンジンとして使用したタミヤシングルギヤボックスクリア」の回転軸にカムを取り付け、電飾用スイッチのON-OFFを高速で繰り返すことで、LEDの点滅を機械的に行っています。最後に、クランクピンと両手足を繋ぐコネクターに、「テロチルス」と同様、軟質材料(ゴム)を使用しました。通常、ソフビの手足は嵌着により可動しますが、その回転軸は平行ではなく、ひとつの回転軸しか持たないギヤボックスで両手足を動かすことは困難です。このため、本プロジェクトでは従来、手足とボディの隙間に部材を挿入し、両手足の回転軸が一致するよう調整してきましたが、「アーストロン」の作例を見て分かる通り、ガニ股になるケースがありました。しかし今回、軸のズレでコネクターに捩れが生じても問題がないよう軟質材料を使用したことで、ソフビのプロポーションを壊さずに電動化させることに成功しました。

ソフビ電動化計画 燐光怪獣グラナダス
:電動化でガニ股になった「アーストロン」、:「グラナダス」両手とクランクギヤの回転軸の違い
:クランクギヤとコネクターの配置、:完成後右側面(塗装後)、:同背面